塗魂インターナショナル

お問い合わせ
Tel.0568-37-1121
平日:10:00~18:00
サブ・サンプルメージ

リトアニア杉原千畝記念館 修復プロジェクト

これから行うリトアニア杉原千畝記念館 修復プロジェクトの説明です。

ホーム > これからの活動 > リトアニア杉原千畝記念館 修復プロジェクト

リトアニア杉原千畝記念館 修復プロジェクト

誰のための活動か?

東洋のシンドラーといわれる杉原千畝。
日本の外交官である。
第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任し
ナチスドイツの迫害によりポーランド等
欧州各地から逃れてきた難民たちに命のビザを発行。
これにより救われたユダヤ人の多くは、
今でも杉原千畝の人道判断に感謝をし、
日本国内よりも、世界で評価されている。
その歴史的、杉原千畝ハウスを、
単なる老朽化が原因で取り壊しなど、
形なきものにするわけにはいかない…。
誰の為に…?
現在の日本人の為に、将来の日本人の為にだ。

プロジェクトの内容:屋根と壁の修繕プロジェクト

プロジェクトの内容は、築80年になる老朽化した杉原千畝ハウスの修繕工事。
実際に、杉原千畝が命のビザを発行した時代と同じ様相にする再生作業、復元作業。
これを日本国の塗装職人の手で、ボランティアで施工するとゆうプロジェクトです。

誰が実行するのか?

日本のペンキ屋…。

塗魂ペインターズとゆう「塗装で出来る社会貢献」を目的とした塗装団体がある。
その塗魂ペインターズの海外版として、一般社団法人/塗魂インターナショナルがある。
過去にハワイで2箇所、ベトナムで2箇所の述べ4箇所での海外ボランティアの実績がある。
リトアニア国にある杉原千畝ハウスは、一般社団法人・塗魂インターナショナルが実行する。

杉原千畝ハウスを歴史的建造物として残したいと思う方へ…。

映画にもなり、今に知名度が増してきた杉原千畝です。
その命のピザを発行した元日本領事館が、実際にリトアニア国には今でも残っています。
それを歴史的建造物として、これからも後世に残したいと願う方々の支援を戴きたい。
その気持ちに、なれる日本人の方々に支援を戴きたいと考えております。
修繕実行隊として遠いリトアニア国へ行く事は叶わないが、
実際に修繕に行かれる人を後押ししたいて考えて戴ける方々に、支援を戴きたい気持ちです。

クラウドファンディングで募金募集中

https://camp-fire.jp/projects/view/29405

負担のない程度に、ご協力戴けるのであるならば、ご協力くださいませ。

10,000円以上ご支援いただいた方々の名は、
遠いリトアニア共和国の旧日本領事館の杉原千畝が実際に
「命のビザ」を発行した執務室の台帳に記し、永遠に残します。

また、杉原千畝生誕の地、岐阜県八百津町の杉原千畝記念館の協力のもと
今回のクラウドファンディング限定の入館チケットをご用意いたしました。

「リトアニアには行けない!」という方にも、杉原千畝の思いを知ってほしいと思っています。

お問い合わせフォーム
0568-37-1121

電話対応時間:平日10:00~18:00

お問合わせフォームはコチラから

フォームからのお問合せは24時間365日受付中!

ページトップへ戻る